糖尿病 薬物療法

糖尿病の薬物療法

 

血糖値を下げるための薬は、いくつかの種類があり、その人の症状に合わせたものが処方されます。一番ポピュラーなのは●インスリン抵抗性改善薬です。

 

インスリン抵抗性改善薬は、インスリンの効き目を高めてくれるので、ブドウ糖の処理能力がアップします。ブドウ糖が適切に処理されれば、血中の糖度が下がります。この薬の副作用はむくみや貧血です。

 

普段は普通なのに、食後に異常に血糖値が上がる場合には、●α‐グルコシダーゼ阻害薬が処方されます。α−グルコシダーゼ阻害薬は、食後の血糖値の上昇を抑制する効果があります。ただし、血糖値自体を下げるものではありません。副作用としては、下痢や腹痛、便秘など腸に出るものが多いようです。

 

インスリンの分泌が足りない人には、●スルフォニル尿素薬という薬が処方されます。薬品の名前で言うと、ジメリン錠やオイグルコン錠、トリナーゼ錠です。ただし、この薬は肝臓や腎臓に強い影響を及ぼすので、事前に検査が必要になることもあります。スルフォニル尿素薬は、大量に服用すると低血糖を起こして意識不明になることがあります。ですから、容量はしっかり守ってください。

 

食後すぐに血糖値を下げたい場合には、速効型インスリン分泌促進薬が効果的です。「速効型」というだけに、効き目が速いのが特徴です。ただし、食事をしないで速効型インスリン分泌促進薬を飲むと低血糖を起こします。速効型インスリン分泌促進薬は必ず食事をしてから服用するのが鉄則です。

 

>>管理人が短期間で血糖値を下げた方法です