糖尿病 低血糖

低血糖のリスクと正しい対処法

 

糖尿病の薬物療法による副作用として低血糖があります。低血糖の原因として最も多いのが糖尿病の薬物療法に伴うもので、インスリンが過剰な状態になった時に起こります。

 

例えばインスリン治療や血糖降下剤を服用している糖尿病患者が、食事を抜いたり激しい運動をしたり、あるいは薬の量を間違えて大量に飲んだりした場合に低血糖になります。

 

正常では血糖値は70mg/dL以上に維持されていますが、右の図のように低血糖では血糖値が低くなりすぎて、発汗、動悸、頻脈、手の指の震え、顔面蒼白などが起こります。

 

これらを放置すると、意識が低下したり、異常な行動を起こして最後は昏睡状態になってしまいます。このような状況になる前に対処することが重要です。

 

ただし低血糖の不安を感じるあまり、糖尿病治療を中断したり過食をしてしまったら本末転倒です。糖尿病で薬物療法を受けている場合には、低血糖のことをよく理解し、いつ・どこででも迅速に対応できるようにしておく必要があります。

 

>>管理人が短期間で血糖値を下げた方法です