糖尿病 スルフォニル尿素薬

スルフォニル尿素薬(SU)の効果と副作用

 

スルフォニル尿素薬は、インスリンを作る膵臓・ランゲルハンス島のβ細胞に直接働いてインスリンを分泌させやすくする薬で、食後血糖値の急激な上昇を抑えます。

 

●DPP-4阻害薬は血糖値が高い時にだけインスリン分泌を促しますが、スルフォニル尿素薬は血糖値が低い時でもインスリン分泌を促します。効き目が強力なため、低血糖を起こしやすいので注意が必要です。一方で歴史が古い薬でもあるのでエビデンスが多く、安心して使えるという利点はあります。

 

副作用としては、前述の低血糖のほか体重の増加、すい臓の疲弊などがあります。

 

■スルフォニル尿素薬 ※一般名(製品名)で表記
グリベンクラミド(オイグルコン、ダオニール)
グリクラジド(グリミクロン)
グリメピリド(アマリール)

 

>>管理人が短期間で血糖値を下げた方法です