糖尿病 インスリン療法

インスリン療法

 

膵臓でインスリンが十分に分泌できない場合に外部から注射で補う治療法です。食事療法と運動療法、薬物療法を行っても血糖値が高い状態が続くようならインスリン療法に切り替えます。

 

インスリン療法に使われる注射薬をインスリン製剤といい、次の5種類があります。

 

超速効型(ヒューマログ、ノボラピッド、アピドラ)

食事の直前に注射して血糖値の上昇を抑える。10〜20分で効き始め、3〜5時間効き目が続く。

速効型(ヒューマリンR、ノボリンR)

食事の30分前に注射。1〜3時間後に効き目がピークとなり、その後5〜8時間続く。

中間型(ヒューマログN、ヒューマリンN、ノボリンN、イノレットN)

注射して30分〜3時間で効き、18〜24時間続く。

混合型(ヒューマログミックス25、ノボラピッド30ミックスほか)

超速効型あるいは速効型と中間型をさまざまな比率で混合させたもの。効き目が早く、長く続く。

特効型(ノベミル、ランタス)

注射後1〜2時間で効き始めほぼ1日中効く。

 

>>管理人が短期間で血糖値を下げた方法です