糖尿病 GLP-1受容体作動薬

GLP-1受容体作動薬

 

ブドウ糖が多い時にインスリンを分泌させるインクレクチン(GLP-1)に似た構造と働きを持つ注射薬。トカゲの唾液から生まれました。

 

DDP-4阻害薬と同じく、膵臓からインスリンは分泌しているが、インスリンの効き目が十分でない人にインスリンを補充します。

 

DDP-4阻害薬と違うところは、食欲を低下させて食事量を減らせる効果がある点です。

 

副作用として、吐き気や下痢、便秘などあるほか、他の糖尿病薬と一緒に使うと低血糖を起こす可能性があります。

 

■GLP-1受容体作動薬 ※一般名(製品名)で表記
リラグルチド(ビクトーザ゙)
エキセナチド(バイエッタ)

 

>>管理人が短期間で血糖値を下げた方法です