糖尿病 DPP-4阻害薬

DPP-4阻害薬

 

糖尿病の経口薬では最も新しい薬。膵臓のβ細胞に働きかけてブドウ糖が増えたときだけインスリンを分泌させます。

 

小腸から分泌されるインクレチン(食事をした時に分泌されるホルモン)がDPP-4酵素に壊されないようにDPP-4をブロックして、膵臓にインクレクチンを届けます。

 

副作用として、他の糖尿病薬と一緒に服用したときに低血糖を起こす可能性があります。

 

■DPP-4阻害薬 ※一般名(製品名)で表記
シタグリプチンリン酸塩水和物(ジャヌビア、グラクティブ)
ビルダグリプチン(エクア)
アログリプチン安息香酸塩(ネシーナ)

 

>>管理人が短期間で血糖値を下げた方法です