糖尿病 治療法

糖尿病の一般的な治療法

 

一般的な糖尿病の治療法は、大きく分けると、食事療法、運動療法、薬物療法の3種類になります。糖尿病の進行具合や、その人の症状に合わせて、これらの治療を組み合わせています。

 

ただし厳密に言うと、一度糖尿病になってしまうと治療を行なっても糖尿病が治ることはほとんどありません。

 

糖尿病の治療は、あくまでも糖尿病を進行させないこと、合併症を引き起こさないようにすることが目的となっています。

食事療法

食事療法は、糖尿病の進行具合によって違い、初期の場合だと厳しい食事制限はありません。しかし、栄養バランスが整っていること、摂取カロリーは1600キロカロリー以内にすることなど、医師から指示されます。食事内容は血糖値に直結するものなので、いくら厳しくないと言っても医師の指示は必ず守りましょう。これを守らないと糖尿病が進行してしまい、ものすごく厳しい食事制限をしなくてはいけなくなります。

運動療法

運動療法は、糖尿病の場合激しい運動はしてはいけません。しかし、運動量が足りないと治療にはならないので、少しずつ身体を慣らして長く続けられるようにしていきます。最初は、10分程度のウォーキングから始めて、慣れたら30分、1時間というように伸ばしていきます。いわゆる有酸素運動というものです。また、回数も初めは週に3回ぐらいでいいですが、慣れてきた毎日行うようにしましょう。基本は疲れない運動で、食後1時間から2時間後ぐらいに行うのが効果的です。

薬物療法

それでも改善が見られない場合には、薬物療法を行います。基本となるのは、血糖値を下げる血糖降下薬を服用するかインスリン注射を行います。ただし、薬物療法を行うにしても、食事療法と運動療法も一緒に行なうのが糖尿病の治療の基本です。

 

>>管理人が短期間で血糖値を下げた方法です