糖尿病 対策 予防

糖尿病の対策と予防

 

糖尿病は、自覚症状がほとんどないために、知らない間に進行してしまい、気がついた時には重大な合併症が引き起こされていたりします。現在の医学では、糖尿病を完全に治すということは出来ません。

 

しかし、早期発見をすることで、進行を遅らせたり、合併症を予防することは可能です。ですから、定期的に血糖値を測定して、血糖値に異常がないかどうかをチェックしましょう。もしも、血糖値が高いと診断されたら、食事と運動の2つの療法で対策をしていきます。

 

食事療法では、1日の摂取エネルギーを守り、栄養バランスの良い食事をします。運動療法は、内臓脂肪を減らしてインスリン抵抗性を改善します。ウォーキングや水中歩行など、心拍数を上げない有酸素運動を定期的に行いましょう。

 

食事療法

糖尿病を予防するのも、対策と同じように食事に気を付けたり、運動をする習慣をつけることが大事です。炭水化物は血糖値を上げますし、脂質は血糖値を下げにくくします。ですから、炭水化物や脂質を抑えた食事をしましょう。また、野菜には食物繊維がたっぷり含まれているので、糖を排出する働きがあります。ですから、1日に350mgを目安として緑黄色野菜を積極的に取り入れましょう。

 

運動療法

運動は特にスポーツをしなくても、出来るだけ歩くことを増やすだけでも効果があります。歩いて買い物に行く、エレベーターやエスカレーターは使わない、1駅分歩くなどの工夫で運動不足は解消出来ます。体に酸素を多く送り込み、脂肪を効率的に燃焼させる有酸素運動はさらに効果があります。

 

また、テレビを見ながらでもいいのでストレッチをしたり、腹筋運動などもしてみましょう。生活習慣をちょっと変えるだけでも、糖尿病の予防に繋がるので、出来ることから始めてください。

 

>>管理人が短期間で血糖値を下げた方法です