糖尿病 症状

糖尿病の症状・合併症

 

現在の日本では、糖尿病患者は約700万人と言われていますが、自覚しているのはその半分にも満たない4分の1程度です。しかも、糖尿病になる可能性のある、いわゆる糖尿病予備軍は、日本人の約20%とも言われるほど身近な病気です。

 

糖尿病の症状は、初期段階では血糖値が高いということぐらいしかありません。ちょっと症状が進んでも、食事量が増えたり、喉が乾く、汗をかきやすくなるといった程度の症状しか出ないのです。つまり、身体の痛みや異常などはないので、気がついた時には重度の糖尿病になっているということも少なくありません。

 

糖尿病は、単に甘いものが大好きだからなるというものではありません。生活習慣の乱れ、栄養の偏りなどによっても引き起こされることもあります。でも、病名のイメージから、「甘いものは食べないから大丈夫」と思い込み、発見が遅れるということもあるようです。

 

糖尿病で最大のリスクと言えるのは、放っておくと重大な合併症が引き起こす可能性がある点です。一番怖い合併症は動脈硬化です。血糖値が高いということは血液の中の糖度が上がるということなので、コレステロールなどが血管璧に沈着します。すると、血管璧が厚みを増して硬くなり、弾力を失い動脈硬化を引き起こします。

 

動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞などの血管障害が起こる確率が高くなります。また、糖尿病になると、5年で神経障害、10年で網膜症、15年で腎不全を起こす確率も高くなるのです。

 

急性合併症では、急に意識を失うケトアシドーシスや非ケトン性高浸透圧昏睡などが起こることもあります。糖尿病は命に関わる合併症を引き起こすものなので、とにかく気を付けなくてはいけない病気と言えます。

 

>>管理人が短期間で血糖値を下げた方法です