糖尿病 チェック

糖尿病のチェックの仕方

 

糖尿病は、会社員の方なら定期検診で血液検査や尿検査をするので、その都度チェックすることが出来ます。血糖値が高い場合にはきちんと教えてもらえるので、ある意味安心ですね。

 

一般的に糖尿病はある程度進行しないと自覚症状が出ないので、本来なら定期的に検査をして血糖値をチェックするのが理想です。

 

でも、会社勤めをしていない自営業や主婦の場合だと、なかなか血液検査や尿検査をする機会がありません。

 

こういった場合、何らかの症状が出るまで、糖尿病に気がつかないということになりかねません。そうならないためには、やはり自分でチェックをしていく必要があります。

 

今は検査薬が市販されているので、自分で定期的に検査をすることができます。検査といっても尿を紙につけるだけ。とても簡単に出来るものですから、誰でも検査を行えます。自分でチェックをしてみて血糖値が基準値以上だったら、病院で本格的に血液検査をしてもらいましょう。

 

病院で血糖値の血液検査を行う場合には、空腹時の血糖値を調べる空腹時血糖値検査、ブドウ糖を飲んだ後のブドウ糖負荷試験。そして、インスリンの分泌状態を調べる血中インスリン検査などが行われます。つまり、糖尿病の診断にはこれだけの検査が必要となるのです。

 

ただし、こうした検査をしてもはっきり糖尿病と言える場合と、糖尿病までいかないが危険性はあるという曖昧な診断になることがあります。ですから、糖尿病を予防したり早期発見するためには、自分で定期的にチェックして異常がないかを把握しておくことが大切です。

 

>>管理人が短期間で血糖値を下げた方法です